待つ楽しみ

自然素材焼菓子屋イルポンテの山倉です。

 

たまーに思い出したように作るのが酵素ドリンクです。

今回はフルーツポンチを作った時に出たパイナップルの芯の部分を捨てるのがもったいないな〜と思い

酵素ドリンクにすることにしました。

 

プラスして入れたのはレモンとりんご。

レモンの皮は入れると苦みが出るので今回は入れませんでした。

りんごは農薬が気になるので皮無しです。

 

果物と砂糖は1:1の割合にしましたが、レモンを追加しようかなと思案中です。

こちらで2日程経過したものですが

最近、気温が低いので発酵するまで時間が掛かりそうです。

 

 

酵素ドリンクは発酵食品なので、体にもいいだろうなと思い作ります。

(本当にたまーにですが。。)

 

でももう少しすると梅の季節なので、梅でもしてみたいなと思う今日この頃。

 

レモンの皮は、無農薬のものだったので捨てるのが忍びなく

でも少々傷んでいたので入浴剤代わりにお風呂に入れました。

 

柑橘類は表皮にたくさん精油が含まれているので、お湯の中で表を外側にして折ると

とても良い香りがふわ〜と広がります。

 

シトラス系の天然アロマでリラックス効果も☆

 

また柑橘類の栄養は皮に一番多く含まれているので

黄色い部分だけそぎ落としでサラダに混ぜたり、薬味にもお勧めです。

 

 

気が付けば

イルポンテの山倉です。

気が付けば7月も終り頃ですね。

そう言えばクジュールラスクの写真!夏仕様にしていなかったと気が付き(^^;

撮影をしアップしました。(トップページのスライド写真2枚目です。)

 

もともとあった写真も重厚な感じで好きなのですが、夏にはもう少し爽やかな感じがいいなと思ってレイアウトしました。

 

最近の撮影はイメージを持ちつつ実際撮ってみてPC上で見て足し算引き算をしていっています。

肉眼で見た時と画面上ってやっぱり違って見えるんです。

 

 

今回も最初は右手前のローズマリーの花は無く、下のマット?も無く、奥のバルサミコ酢も無く・・・

まぁなんと寂しい写真だったので

ローズマリーを枝ごと添えると何だかそこだけ森になり・・・・・・・

花が咲いていたので周りに散らしてみたり(←これも良かったです。)

 

大切な友達をもてなしたい時、どんな風に盛り付けるかな

どうしたら『わぁ!』って喜んでもらえるかな

そんなことを考えながら盛り付けました。

 

もちろんセンターの生ハムも本物です♡

奥はミニトマトのマリネ♪フレッシュバジルと松の実を添えました。

 

前菜やおつまみ系はパパっと時短で出来るものがいいですよね♪

自分だけの為でもちょっと盛り付けするだけで嬉しくなります。

 

 

クジュールラスクはおつまみ系と言うことで・・・

イルポンテの山倉です。

たまには?こんなブログもありかなと思いつつ・・

 

クジュールラスクはおつまみ系なので

同じおつまみ系で最近美味しいなぁと感じたものです。

 

鶏レバーのコンフィです♪♪

鉄分補給ーーーー! 取り過ぎもNGですが。

 

こちらはまだ火にかける前のもの。

 

鶏のレバーやハツをカットして綺麗に洗って塩少々(肉200gほどに対して小さじ1強の塩)をまぶして1日ほど冷蔵庫で寝かします。

 

それを水で洗い、キッチンペーパーで水分を良く取り小鍋に入れます。続いてニンニクスライス、ハーブ、オリーブオイルを入れことこと弱火で火を入れて出来上がりです。

 

今回はニンニク→ジャンボニンニクで香りがあまり強くなかったので厚めにスライスして多めに入れています。

ハーブはオレガノ、タイム、ローズマリー。

 

途中で天地を返しました。強火だとお肉が一気に縮まります。旨味を残すためにも弱火でじっくり火を通してください。(20分ほど様子を見つつ)

 

出来上がったら、すぐも美味しいですが一晩置いても味が落ち着いて美味しいです!

余ったオイルは旨味がたっぷり!

きのこをソテーしても◎ パスタの隠し味にも◎ そのままバゲットに掛けても◎

 

ぜひお試しください。^^

 

青じそが余ったら♪

イルポンテの山倉です。

 

この季節に活躍してくれる青じそ♪お素麺やお豆腐などなど欠かせない薬味ですね~。

青じそは下の切り口を水につけておくとかなり長持ちしますが、もし使い切ってしまいたいな〜っと言う時や

使い道に困った時にはおススメのレシピです☆

(レシピと言うほどでもないですが・・・・・・)

 

私はもうかれこれ何年も前からお世話になっている『青じそのニンニク醤油漬け』です。

(単に冷蔵庫に入れっぱなしと言う説もあります・・・)

 

綺麗に洗った瓶に(私はジャムが入っていた小さな瓶を活用しています。出来れば殺菌スプレーしておくと安心です。)

洗って乾かしておいた青じそと(ザルに広げて自然乾燥させてます。)

ニンニクを(皮を剥いて半分にカット)入れて

お醤油をひたひたになるまで注いでOKです♪

 

補足

 ・何年でももちます。(私はニンニクや青じそが余るとお醤油と共に継ぎ足しています。ポイントはひたひたのお醤油です。)

 

使い道

 ・チャーハンにニンニク青じそも刻んで入れる。

 ・白ご飯にお醤油を混ぜ、おむすびにして漬けた青じそで包む。

 ・お料理の隠し味に♪

 

あと試したことがないのですが

 肉料理にもこのパンチのあるお醤油やニンニクは合う!と思います。

1枚目・・・青じそ補充前。1ヶ月くらい前に補充したのですが、既に真っ黒ですね。何が何だかよく分からない写真ですみません。

2枚目・・・少し補充した青じそが見えます。(入れやすくするため、手で縦半分にカットしました。)

この後、お醤油をひたひたに注ぎます。

どうぞお試しください。(^^♪

---------------------------------------------------------------------------------------------

うーん・・・。何ともお菓子とは全く関係のないブログですね〜。

ブログネタが切れている??!

 

いやいや皆さまと美味しい時間を共有したいのです!

 

おそらく近々、鶏レバーのコンフィのブログをアップします。(美味しい!!のです。)

また覗いてみてくださいませ〜。

ヘルシーなおやつ

イルポンテの山倉です。

 

皆さま暑さにやられていないでしょうか????

普段、飲み物は『水』ばかり飲んでいる私ですが、熱中症対策に梅酢を薄めたものをよく飲んでいます。

(お酢効果でさっぱりしていて美味しいんです☆)

 

そして甘いものが欲しくなると豆乳とココアパウダーと甜菜糖、寒天で作った寒天ゼリー(見た目はショコラプリンっぽいです。)を食べていたのですが、最近糖分が気になりセミドライトマトを食べたりしています。

 

寒天ショコラプリンも美味しくて好きなのですが、ついつい食べ過ぎてしまうので・・・・・

まぁ豆乳と栄養価の高いココアの組合せなので体には優しいのですがね。

 

セミドライトマトは少し前、トマト農家さんのご厚意で取りに行かせて頂いた時のものです。

栽培も終盤になってくるとミニトマトも枝付きのまま自然乾燥されるようで、見た目はシワシワ。

小さい梅干しのようなのですがこのトマトが甘い!!!

甘みがギューと凝縮されているのです。

 

(昨年は天日干しにしたのですが、今年はタイミング悪くその後雨続きだったので

冷凍しています。)

 

 

そしてトマトケチャップ作り。甘さを調整していると・・・・

気が付くとミニトマト7kgにもなり、7時間も煮詰める羽目になりました。(合間合間で2日ほど掛ったので余計に時間が掛かっています。)

子供にも食べやすく唐辛子抜きです。

(ご参考までに 材料はミニトマト、玉ねぎ、にんにく、塩、砂糖、こめ酢、ブラックペッパーです。)

 

コクのある美味しさにまた来年も作ろうかな〜と思いますが、量は減らします!!

出来上がった後は瓶詰めする気力もなく小分けして冷凍庫へ直行しました。。