復活・レビュー御礼にプレゼント

自然素材焼菓子屋イルポンテの山倉です。

昨日に続き今日も初夏のような暑さでした。

 

さて、以前行っていましたレビュー投稿でお礼にお菓子プレゼント(おひとつ)を復活することにしました。

 

御礼のお菓子はご注文のお菓子と一緒にお届けいたしますので、

申し訳ございませんがご注文者様ご本人様宛の発送のみとなります。

 

届いてからのお楽しみ♪♪の

お菓子はとっておきのガレットorクジュールラスクorイルポンテ特製のブールドネージュ(非売品)のいずれかになる予定です。

 

ご注文の際、備考欄に

『レビュー書きます。』とぜひ入れていただけると嬉しいです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

-----------------

 

 

日本での数少ない完全自然農法のりんご農家さん、神さんの紅玉が届きました!

安心して皮ごと食べられるりんごなのが本当に嬉しいです。

そして良い素材を手にすると俄然テンションが上がります。

 

とっておきのガレットに何とか取り入れたいなと

イメージを膨らませながらレシピを考えるのは楽しいひとときです☆

形になりますように!

 

 

 

美腸活動

自然素材焼菓子屋イルポンテの山倉です。

またまた美腸活動です。

 

職業柄、試食をすることもあり

胃や腸を休めるのはいいなと思いプチ断食にトライしてみました。

食べることが好きな私にとって食事を抜くと言うのは悲しいことでもあるのですが・・・

物は試し!

約1ヶ月近く週一断食や1.5日ほどの断食をしてみました。

 

断食と言っても全く食べないわけではなく、寒天や出汁、りんごのいずれかを食べると言う方法です。

なので、気も紛れます。

 

大したカロリー摂取ではないので、体重は落ちます。

私は1kgちょっとほど落ちました。

 

でもまた1週間近くで少し戻りました。

 

1ヶ月近くしてみての感想ですが(あくまで個人的感想です。)

 胃や腸を休めると言う目的であれば月1回くらいがいいかなと思いました。

そして私の場合、基礎代謝が落ちてきているような感じもしました。(なので止めました。)

 

 

と言うことで

ここ最近、月火のみ夕食を軽ーくすることに落ち着いています。

 

りんご寒天ゼリーを食べたり、具なしの味噌汁を飲んだり。

そのくらいです。

 

でもあんまり完璧にしようと思うとストレスになるのでゆるっとしています。

 

参考程度に

りんご寒天ゼリーのレシピはこちらです。

お好みの固さで粉寒天の量は加減してください。

 

りんご 1個

砂糖  40~48g(40gはかなり甘さ控えめです。)

水  500ml

粉末寒天 8〜10g

レモン果汁  お好みで(レモン1個分くらい)

 

1 りんごをフードプロセッサーなどに掛けて細かくします。

(分量の水を一緒に入れてもOKです。)

 

2 粉末寒天と砂糖はあらかじめ一緒に混ぜ合わせておきます。

 

3 レモン果汁以外をお鍋に入れてゴムベラ等で混ぜ合わせ火にかけます。

  混ぜながら、十分に沸騰したら火を止めレモン果汁を入れます。

 

耐熱容器や型に流し入れて固まれば出来上がりです。(室温で固まります。)

 

「1日1個のりんごは医者いらず」と言われる消化も良いりんごと食物繊維が豊富な寒天の組合せはなかなかいいなと思い

小腹が空いた時も活躍中です。

 

ポイント 粉寒天はそのまま水に入れるとダマになりやすいので、砂糖とよく合わせておきます。

     レモン果汁は必ず最後、火を止めてから加えてください。寒天が固まらなくなります。

 

室内の照明で撮ったので白っぽいですが、

実際はもっと黄色です☆

 

自然な美味しさが好きな方にお勧めです^^

【後引くキャラメルナッツ】

自然素材焼菓子屋イルポンテの山倉です。

とっておきのガレット≪後引くキャラメルナッツ≫

新商品のご紹介もこちらがラストになりました。

 

新商品につきものなのが新ネーミング。

名前の文字数にも制限がある中で、なるべく味のイメージが伝わるようなものにするようにしています。

 

さて、そんなこんなで?!決まった

≪後引くキャラメルナッツ≫

 

後もう一口とついつい食べてしまうフレーバーです。

 

北海道産の生クリームや北海道産の甜菜糖で作ったコクのあるキャラメルクリームに

アーモンドや胡桃そして有機レーズンも合わせたガレットです。

 

 

こちらは寒ーい日に外から帰宅し、温かいコーヒーを淹れて

ほっと一息。

 

そんなひとときのお供にぴったり!!

 

と勝手にイメージを膨らませています☆

 

焼菓子は日持ちがするのも良し(作り手としては風味の良い内にお早目に召し上がっていただきたいです。)

持ち運びもしやすいので(ここの所、イルポンテではスマートに持っていただけるようなギフトボックスを増やしています。)

美味しい嬉しいギフトになれるととても嬉しいです。

 

 

緑茶好きに捧げるガレット

自然素材焼菓子屋イルポンテの山倉です。

【とっておきのガレット】新商品≪緑茶好きに捧げるガレット≫

 

こちらは香川県産高瀬茶を入れています。

なるべく地元のおいしいものを取り入れられたらなと考えたガレットです。

 

冬季限定で出ていた抹茶を使ったガレットも退色対策のクロレラが全く入っていない美味しい抹茶でお作りしてしていました。

そして

こちらも素材そのものの風味を大切にしたいので、緑茶を粉末にしただけのものを使わせていただいています。

 

≪緑茶好きに捧げるガレット≫は最初アイシングのみでいこうかと思っていました。

粉糖と緑茶のバランスを見ながらアイシングを作り、ガレットに合わせて試食。

 

これはこれで美味しいのですが、うーーん。。もう一息かな。

 

そこでガレット生地にも緑茶を入れテストしてみると

断然良くなりOKが出ました。

 

トッピングも最初は胡麻だけで想定していたのですが

なんだか寂しい。。

 

結局、他のナッツも合わせて落ち着きました。

 

やっぱり素材がいいと美味しさも引き立ちます。

 

ケースを外すとこんな感じです。このフォルム、結構気に入っています☆

 

心弾むWいちご

自然素材焼菓子屋イルポンテの山倉です。

【とっておきのガレット】の新商品≪心弾むWいちご≫をはじめ

早速ご注文をいただきありがとうございます!!

 

ご注文と言う形で反応が伝わってくるのはとても嬉しくて有り難いです。

 

焼菓子は見た目、どうしても茶系が多くなりがちなのですが

(しかも無添加となると・・)

≪心弾むWいちご≫でギフトにも彩りを添えられるかなと思います。

 

もともとはこの苺のガレットは

地元香川県丸亀市産のいちごをガレットに取り入れたいと思ったのがきっかけでした。

 

ガレットの生地に練り込む??

スライスして乾燥させてトッピングにする??

トッピングは砕いてまぶす?そのままの形を生かす?

などなど色々考えていまして

 

いちごの美味しさって何?

いちごの美味しさを生かせる美味しいガレットにしたい!となりました。

 

いちごは幸い旬の内に乾燥させておいたのでひと安心。

 

まず苺を洗い⇒ヘタを取り⇒スライス⇒一枚ずつ並べて乾燥⇒粉末⇒篩にかける⇒さらに粉末

 

細かく書くとこんな工程になります。

 

そこからアイシングのレシピとガレット生地とのバランスも試作を重ね・・

ガレットのあのサクサク感といちごのならではの甘酸っぱい美味しさがコラボしたガレットができました。

 

 

 

トッピングはドライ木苺(フランボワーズ)と色鮮やかピスタチオです。